Do PAARK - ドゥパーク -

かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2019に参加

 

快晴に恵まれた2019年4月14日(日)、川口運動公園 J:COMフィールド土浦(茨城県土浦市)をスタート・ゴールとし一般道をコースとした『かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2019』が開催され、テクノプロ・グループの従業員がフルマラソンと5キロマラソンに参加しました。参加のキッカケづくりは、テクノプロ・デザイン社つくば支店の稲毛支店長で、同じ地区のグループ会社に広く声を掛けたところ、デザイン社11名、エンジニアリング社6名、IT社3名、R&D社3名、各社からの応援8名、そしてデザイン社を定年退職された方1名を含め、総勢32名が参加することとなりました。
今年で29回目を迎えた本大会は、国際盲人マラソンも兼ねていて、マラソン参加料の内200円が霞ヶ浦水質浄化運動基金と盲導犬育成助成金として使用されます。また、全国各地から集まった300名の救援ボランティアランナーがゼッケンに緑十字の目印を付けて一緒に走り、万一の場合の救援体制も万全です。

 

「折角参加するのだから、3名1チームの合計タイムで競うチーム対抗マラソンにエントリーしてはどうか?」という話になり、個人5キロに参加した勘如さん、フルマラソンに参加した峯さん、エントリーが遅れてしまったIT社を除き、チーム対抗5キロマラソンへのエントリーとなりました。

 

 

9:30に集合したメンバーは、10時30分の5キロマラソンスタートに備え軽く準備体操をしながら、9時50分に一足先にスタート時刻を迎えるフルマラソン出場のデザイン社本社の峯さんを送り出して、いよいよスタート地点に移動します。

 

 

 

 

 

 

 

何はともあれ、天候にも仲間にも恵まれた楽しいマラソン大会挑戦の一日となりました。
詳しい成績は省略しますが、5キロマラソンに出場した勘如さんがエントリー663名中11位、デザイン社OBの坂野さんは60才以上の部で9位と大健闘を見せました。ちなみに、フルマラソンに参加した峯さんは4時間を切ったものの「調子が良かった感じがしていただけに、大変不本意です!」と不敵な笑いを浮かべていました。
マラソン終了後は、土浦駅近くの唐揚げのお店に集合し、反省会と来年に向けての作戦会議という名の飲み会を開催しました。とは言え、日頃近い場所で仕事をしながらも会話を交わすことは滅多にないグループ従業員同士が交流を深める良い機会となりました。

(2019.04.14)

OTHER CONTENTSその他のコンテンツはこちら

  • ENGINEER VOICE
  • 特別キャリア授業「Future Creating School」
  • INFOGRAPHICS
  • 新入社員座談会