Do PAARK - ドゥパーク -

障がい者向け在宅勤務の実現/テクノプロ・スマイル

 

株式会社テクノプロ・スマイルは、障がいを持つ人に積極的な社会参加の場を提供することを目的とした、テクノプロ・ホールディングス株式会社の特例子会社です。同社は厚生労働省「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」においてモデル企業に選定され、在宅勤務やサテライト勤務など働き方の多様化を通して、障がいを持つ人の活躍の場を広げています。現在は福岡サービスセンターを核として九州・中国地域での在宅勤務やサテライトオフィス勤務を推進しています。

テクノプロ・スマイルでは障がいによって出社が困難となる従業員が、自宅でも業務に従事できるよう、仮想オフィスサービスを使用しています。自宅もしくはサテライトオフィスのPC端末から仮想オフィスへアクセスすると、画面上にそれぞれのアイコンが表示され、出勤状態を確認することができる仕組みです。データ上の会議室にログインした後は、会議室ごとで担当する仕事を分けて作業しており、同じ会議室にログインすることでイヤホンマイクを使用しての通話も可能です。休憩をする際は会議室同様、仮想の休憩室にアイコンを動かすなど、サテライト勤務をしている従業員の状況が一目で分かる様なシステムになっています。また管理者からは従業員それぞれの作業画面が確認できる様になっており、作業の進捗を画像として記録することも可能です。

「業務開始当初は自宅からのアクセスがうまくいかず苦戦することもありましたが、最近はWeb環境が整いスムーズに作業ができる様になりました。現在スタッフは8名ですが、10名を目標に積極的に採用を行っています」と指導員は話していました。

2019年3月14日(木)にはテクノプロ・ホールディングス株式会社 取締役 兼 CFOの佐藤がサテライトオフィスへ訪問し、勤務体系やシステムを実際に確認して障がい者の方にとってより一層働きやすい環境の整備・拡充に意欲を見せました。

(2019.04.09)

OTHER CONTENTSその他のコンテンツはこちら

  • ENGINEER VOICE
  • 特別キャリア授業「Future Creating School」
  • INFOGRAPHICS
  • 新入社員座談会