従業員の活動

オリヒカカップ2019 スポンサーフットサル大会/八蹴会

2019年11月16日(土)、川崎フロンターレが運営するフットサル場「フロンタウンさぎぬま」(川崎市宮前区)で、スポンサーを対象としたフットサル大会『オリヒカカップ2019 スポンサーフットサル大会』が開催されました。本大会は、川崎フロンターレの主催で、スポンサーとクラブ、スポンサー同士のコミュニケーションの場を作ることを目的としています。テクノプロ・グループからは、グループ認定クラブ・サークル「八蹴会(はっしゅうかい)」(テクノプロ・デザイン社八王子支店)が初出場しました。
雲一つないフロンターレブルーの空は、正しくフットサル日和で、自然と体も軽く感じます。
なんだか行けそうな気がする、このときはまだ、メンバー全員がそう思っていたのではないでしょうか・・・。

今回の出場の目的は「とにかくエンジョイすること」。試合中はミスをしても楽しめればOK。
交代も各々のタイミングで自由にできるため、マイペースに休憩したり、プレーしたりすることができます。八蹴会のメンバーは全部で7名。内フィールドに立てるのは5名のため、2名の休憩枠がありますが、試合を重ねるごとにベンチ希望者が続出・・。八蹴会は月に一度程度集まって練習していますが、他チームのスタミナに圧倒されてしまいました。

何はともあれ、試合は全力でエンジョイすることができ、気持ちよく大会を終えることができました。試合終了後は近くの中華料理店で体育会系男子学生並みの大盛り定食を食べ、今回の大会について振り返ります。次回は女性のプレーヤーも集めて(女性はゴールすると得点が2倍)、全体的な人数も増強する計画。また他のチームが着用していたお揃いのユニフォームも勝つためには必要とのことで、ユニフォームのデザインを話し合うなど、早速次回に向けて構想が膨らみます。あとは女性のギャラリーが増えればもっと頑張れるかも・・・と本音もぽろり。次の大会出場の際には、テクノプロユニフォームを着た皆さんがさらに活躍してくれることを期待しています!

(2019.11.16)

合わせて読みたい

従業員の活動 一覧へ