クラブ・サークル活動など

第21回24時間ゆめリレーin湘南ひらつか 2018

2018年9月15日(土)、グループ認定クラブ・サークルのテクノプロ・RC(本部:テクノプロ・IT社横浜第一支店)が、「第21回24時間ゆめリレーin湘南ひらつか 2018」に参加しました。サークルとしては今回で2年連続2回目の出場ですが、リーダーの野呂さんは9回目の出場となります。当日は、昨年の酷暑の中のマラソンとはうって変わり、朝方から弱めの雨が降ったりやんだりで強い日差しもなくランナーにとっては絶好のマラソン日和になったかもしれません。

 

 

 

大会概要

神奈川県平塚市にある平塚市総合公園内の「平塚のはらっぱ」をメイン会場として、1周1.7kmの周回コースを設定時間内に走った距離で順位を競います。

テクノプロ・RCからは、昨年同様6時間チームの部に1チームと、個人の部に2名が参加しました。

 

テクノプロ・RCの様子

個人の部にエントリーしたリーダーの野呂さんと菅野さんは日頃から走っていますのでそれぞれ頑張ってくれると思いますので心配はいりませんが、大会直前になってチームの部に問題が発生しました。6名でエントリーすれば、だいたい1時間ごとに1回走る順番が回ってくる計算なので何とか切り抜けられるだろうとの目論見をたてていましたが、急遽1名都合がつかなくなり、その結果、休憩時間が短く、走る回数も増える可能性が出てきてしまいました。それではという事で、テクノプロ・ホールディングス広報IR部の木村さんが飛び入り参加することになったのですが、長距離を走った経験はなく前日になって慌ててウェアを買いに行くという有様です。結果、チームの部は井上さんをマネージャーとして昨年も参加した竹下さん、田口さん、打越さん、そして初参加の矢澤さん、原さん、木村さんの7名で挑戦することになりました。

 

 

番外編

 

野呂リーダーから

今回サークルとして2回目の出場となりましたが、55人がエントリーした6時間個人の部では私が14位(57.1km)で菅野さんが30位(43.3km)、6時間チームの部では、エントリー118チーム中113位と、仲間と走る事に意味があった(笑)大会となりました。「ゆめリレーin湘南ひらつか」は、平塚市総合公園内の舗装された約1.7kmの周回路で行われます。自分のペースで安全に走ることができますので、来年はテクノプロ・グループの他のサークルも誘って対抗戦ができると楽しいと思っています。

(2018.09.15)

合わせて読みたい

クラブ・サークル活動など 一覧へ