CSR・ボランティア活動

中学生の企業見学を受け入れました

 

2019年4月23日(火)、青森県の弘前大学教育学部附属中学校の生徒8名が企業見学のためにテクノプロ・デザイン社 東京事業所/製品開発室を訪問してくれました。

今回の見学は、同中学校が修学旅行に併せて行う総合学習のために生徒さんが学びたいこと、興味のあることに関連した企業を探す中で希望訪問先としてテクノプロ・グループの社名を挙げた生徒さんがいたことが、キッカケとなります。

 

見学では、まずテクノプロ・デザイン社 製品開発室の橋本が仕事の内容やエンジニアになるために大切なことなどを説明しました。生徒のみなさんは普段なかなか聞くことのできない現役エンジニアの話に熱心に耳を傾け、積極的に質問をしていました。

その後は、同じく製品開発部の黒川が指導役を務め、テクノプロ・デザイン社の製品であるタッチパネル機器向けソフトウェア自動検証装置「Finger1」を使ったプログラミング体験セッションを実施。生徒のみなさんは自分の入力操作で機械が動く様子に大いに興味をそそられた様子で積極的な姿勢を見せ、当初予定していたプログラム内容を早々に終えてしまい、その場で違う操作にチャレンジするなど意欲的に取り組んでいました。

テクノプロ・グループは、次世代を担うみなさんが主体的に自身の将来について考えていただけるよう、今後もさまざまな取り組みを続けていきます。

(2019.05.06)

合わせて読みたい

CSR・ボランティア活動 一覧へ