従業員の活動

外国籍技術者が活躍できる環境整備に向けた取組み

テクノプロ・グループでは、外国籍技術者が日本で働く際に困ることがないように、以下のようなサポート体制を整えており、それぞれの技術者が所属する各拠点が普段の生活面も含めて安心してキャリアアップを実現できる環境づくりに努めています。

  • 母国語で相談可能な多言語コールセンターの設置
  • メール送信した日本語書類を各国語に翻訳する多言語翻訳サービスの提供
  • 規程類やマニュアル類の翻訳版の整備
  • 各種研修やセミナーの実施

外国籍技術者向け研修の実施

テクノプロ・グループでは、外国籍技術者が職場だけではなく日本での生活を快適に過ごすことができるよう、言語研修のほか、生活習慣や国内独自のビジネスマナーなどを身に付けるための各種研修をオンライン+オフラインのハイブリット型で実施しています。
これらの研修では、日本語学習だけではなく、ビジネスやプライベートの場面を想定したスピーチやディスカッション、技術勉強会といった実際の生活に即した内容でプログラムを構成しています。日本語レベルに合わせて期間や内容を選択できますので、外国籍技術者も安心して研修に取り組むことが可能です。

受け入れる側の意識を高める『異文化理解セミナー』

外国籍技術者が日本で戸惑うことなく安心して暮らし、働ける環境づくりには、受け入れる側の意識変革や準備も欠かせません。
テクノプロ・グループでは、外部講師を招いた「異文化理解セミナー」を開催することで、日本とは異なる文化や生活習慣について理解を深める機会を提供し、グループ全体で各国からの社員を受け入れる環境の整備を進めています。
日常でよく見かける事例を用いて国ごとに異なる行動様式・マナー・価値観など文化の違いを例示し、そこから生じるコミュニケーションギャップをいかに埋めていくかを学ぶことで、多くの社員が異文化への理解を深めています。ちょっとした言い回しが誤解を招く「日本語の罠」や、普段は気にしない日本人の国民性など、海外からの視点で日本の文化を改めて理解することにも繋がっています。

異文化理解セミナーについてはこちら
https://www.technopro-do.com/corporate-activities/155628/

支店イベントでの交流

各地の拠点では、外国籍技術者が気兼ねなく参加することのできるイベントを企画するなど、業務以外のコミュニティでも交流が盛んに行われており、言葉や文化の壁を越えて社員同士が理解し合える環境づくりを目指しています。

世界のカレーパーティー/テクノプロ・エンジニアリング社水戸支店&つくば支店
https://www.technopro-do.com/corporate-activities/155183/

合わせて読みたい

従業員の活動 一覧へ